会社設立のお知らせはマナーを守って

会社設立

会社設立をするためには様々な書類作成や手続きが続くために、ついうっかり忘れてしまいがちなのが挨拶状や案内状を出すことです。
新会社設立をお知らせする挨拶状や案内状は、必ず開業前に送付を終えおく必要があるので、事前にしっかりと準備をしておきましょう。
このように会社設立をした時には、知人・知り合い・家族・親戚・その他お世話になった方など、いろいろな方にお知らせすることが必要になります。
しかし、安易に考えて無闇にお知らせをすると、ただの宣伝のようになってしまい相手に良い印象を与えない可能性もあるのです。
ですから、まずはしっかりと考えて相手のことを思って対応していくことが大事ですし、会社設立のお知らせのマナーを守ることが最重要と言えます。
きちんとマナーを守った会社設立のお知らせをしておくと、いろいろと変わってくることは間違いないことで、後々取引先やクライアントになってもらった時にも役立つのです。
ビジネスの世界ではどこでどのように繋がっているか分からないものですから、誠意をもってお知らせをおこなっていくようにすることが大切になります。

会社設立のお知らせですが、昔は手紙やハガキなどを用いて行われていましたが、それでは時間もかかりますし受け取る方も手間や面倒があります。
その為、現在では基本的に電話やメールで伝えるのがメジャーとなっているので、電話やメールでお知らせするのがマナーと言えるのです。
会社設立したことをおしらせするだけですから特別難しいことはありませんが、会社設立についてお知らせすると、そこからお祝いの電話やメールが届くようになります。
それに対してしっかりと返事をすることもマナーになりますし、それによりお互いに良い関係を築いていくことにつながるのです。
また、じっくりと考えてしっかりと対応していけば相手の印象も良くなるので、そこだけは守らなければならない社会のルールやマナーと認識しておくことが大切になります。

ちなみに、最近は企業や会社が独自にSNSで宣伝をおこなっていることも多くなっているので、SNSを活用して会社設立のお知らせをするのもひとつの選択肢と考えられることです。
SNSは会社設立をお知らせする最適な場になりますが、発信し過ぎると相手を不快にしてしまうこともあるで、SNSでのマナーを重要する必要があります。
SNSの影響力はとても強いので活用の仕方によりとても便利な存在になりますが、マナーを守らなければならないことも多いので注意が必要です。

会社設立で不動産を資本へ

会社設立01

会社設立で不動産などの現物資産を会社の資本とする場合、どういう手続きをしなくてはならないのでしょうか?
今回は、会社の現物資産をテーマに、内容を詳しく解説していきたいと思います。

現物資産というのはいわゆる現金ではない車や土地、建物などの資産のことを言います。
会社に資本金を出資するにあたって、現金ではなくこのような現物資産を提供する場合もあります。
その時には、調査報告書というものを、作成しなければならないので注意が必要です。
調査報告書は、株式会社を設立するときに、土地や自動車、その他の資産価値のあるものを資本として提供する場合に 作成する義務がある書類のことになります。

基本的には、三つの書類が必要となり、現物出資財産引継書、調査報告書、資本金の額の計上に関する証明書を揃えて、提出しなければなりません。
このとき書類に不備がないよう十分注意が必要です。
場合によっては、専門家に依頼をして書類を作成してもらった方が、間違いがなくスムーズに手続きが終わります。

これとは違って一般的な現金での資本金は、登記手続きの際に定款の認証を行った後、発起人の口座に振り込むことになるのですが、こちらにも書類が必要となります。
この場合に用意する書類は、資本金払込証明書というもので、通帳のコピーをとって納付書や証明書と一緒にまとめて法務局に提出しなければなりません。

ちなみに資本金を個人で勝手に引き出して使ってしまうと、横領の罪にあたる場合がありますので注意が必要です。
例え、資本金が自分のポケットマネーから出ていたとしても、資本金として預けた段階でそれは会社の運転資金ということになりますので、勝手に手をつけてはいけません。
身内で会社経営をしているケースで、資本金の引き出しに関するトラブルが多いですので、十分に取り扱いに気をつけてください。

あと、資本金の調達方法ですが、国の融資制度や補助金・助成金制度を利用するのが一般的です。
特に融資制度は、かなりの格安金利で資金を融資してもらえますので、申請にチャレンジしてみると良いでしょう。
あと最近では、クラウドファウンディングなどの資金調達手段が主流になりつつあります。

銀行よりも資金調達のフットワークが早いですので、事業アイデアに自信がある場合は、このクラウドファンディングにチャレンジしてみるべきです。
資本金はたくさんあった方が、会社を安定的に運営することができますので、オーナーは会社を設立する前から出資者を集める努力が必要でしょう。

会社設立に資格は必要?

会社設立

会社設立するために何か資格は必要になるでしょうか?
会社を自分で作るなら何か資格が必要なのではと思えるかもしれませんが、基本的には必要ありません。
必要な準備をし、所定の手順で手続きを進めれば特別な資格はなくても会社設立できます。

大事なのはその準備と手順ですね。
会社設立のためにやるべき準備とは、まずはお金の用意です。
このときには資本金が必要になります。
資本金とは設立後の会社の自己資金となるもので、経営のために必要な多くの出費に使われます。
これがないことには会社の経営も厳しくなりますから、事業の運営に必要なだけの資本金を用意しないといけません。

このほか会社設立にかかる費用も事前に準備できた方がいいですね。
会社設立の手続き自体にもお金がかかります。
株式会社の方が費用が高くなり、最低でも20万円近く必要です。
資本金にする予定のお金からこれを出してもOKですが、すると設立後の運転資金が少し減る形となりますから、できれば会社設立の費用は別にまた用意できていた方が安心です。

このようなお金の準備のほか、どんな会社を作りたいのか、その希望も準備として考えておくといいです。
実際に会社設立の手続きを始めたときに定款という書類を作る必要があります。
この書類は作りたい会社のイメージや希望などが決まっていないと作るのが難しいものですから、どんな会社を作りたいのかそのイメージをあらかじめ考えておくと設立がスムーズになりますよ。

このような準備が済んだら会社設立の具体的な手順に入るのもおすすめです。
最初にやることは先にもご紹介した定款の作成です。
ここでこれから作る会社の社名や所在地など正式に決めていきます。
事前に準備できたことで十分ならこの書類をスムーズに作れるでしょうし、不足している部分があれば、この定款作りと並行して足りなかった準備を終えるといいでしょう。

定款が作れた後の手続きは会社の種類によって手順が変わります。
株式会社の場合は公証役場での認証手続きを終えたあと、資本金を振り込んで法務局での登記を行います。
合同会社の場合は定款が作れたら資本金を振り込み、法務局での登記です。
いずれの場合でも登記までに法人用印鑑の準備も必要です。

このような準備や手順をきちんとできれば特別な資格はなくても会社設立できます。
ただし、その事業を行うために許可などが必要になる業種を選んだ場合は、会社設立のためにも資格が必要になることがあります。
そのような一部業種を選んだときは必要な資格にも注意してください。

印鑑はオーダーしたほうが良い?

会社設立にあたって必要になる印鑑ですが、準備する方法は人によって異なります。
できるだけ安いコストで準備したいという人もいれば、せっかく会社設立するのだからこだわったものを作りたいと思う人もいるでしょう。
印鑑はホームセンターや100円ショップでも手軽に購入できますが、会社用の印鑑を作るのであればそういった印鑑ではなく印鑑を専門的に作っているところのものを購入することをおすすめします。

続きを読む

会社設立に必要な印鑑の数

会社設立にあたって必ず必要になるものと言えば印鑑ですが、必要な印鑑の数は全部でいくつなのでしょうか?
日本は印鑑社会でいろいろな場面で印鑑を使いますし、かなりの数を準備しなければならないのでは…?と心配している人もいるかもしれませんが、多くても5つあれば十分です。
そこでここでは会社設立に必要な印鑑についてお伝えしていきます。

続きを読む

印鑑を作るときの注意点

これから会社設立を考えている人のほとんどは印鑑を準備すると思いますが、会社で必要になる印鑑には実印と銀行印、社印、ゴム印と4種類準備するのが一般的で、それぞれ特徴があります。
まず実印は会社でもっとも重要度の高い印鑑と認識されており、捺印することによってその書類の有効性を高めることができると思われています。
これは登記時に唯一必要になる印鑑だということも影響しているでしょうし、単純にイメージの問題もあるかもしれません。

続きを読む

印鑑の効力

会社設立の際には実印と銀行印、さらに社印とゴム印の4つの印鑑を準備するのが良いと言われていますが、印鑑にはどれくらいの効力があるのでしょうか?
日本は印鑑社会と呼ばれるくらいあらゆる場面で印鑑を使いますし、重要度の高い印鑑は非常に高い効力を持っているのではないか?と想像する人もいるかもしれません。

続きを読む

ゴム印は便利な印鑑

会社設立するときにはいろいろな印鑑を揃えなければなりませんが、まずは実印と銀行印、社印の3つを準備すると思います。
そして加えてゴム印と呼ばれる印鑑を準備しておくと業務の中でとても便利になりますのでおすすめです。

続きを読む

社印はもっとも身近な印鑑

会社設立するときに印鑑を準備しますが、印鑑と言えば法人実印と銀行印はとても重要度が高いので頭に入れている人も多いと思います。
しかし普段会社で使われる社印も準備しておかなければなりません。
社印は法人実印や銀行印と比べて効力が低いため、重要度という点では劣りますが、日常的に使われる印鑑なのでなくてはならないものなのです。

続きを読む

会社設立に専用の銀行印は必要?

会社設立の際に必要な印鑑と言えば法人実印があげられますが、同じように重要度の高い印鑑として銀行印があげられます。
銀行印とは銀行口座を開設するときに必要になる印鑑で、個人で銀行口座を開設するときも認印を準備しますが、それと同じようなものです。
銀行印は通帳を使ってお金を引き出すこともできますし、小切手や手形を発行するときにも必要になりますから、それがあれば大きな金額を動かせるだけの効力があります。

続きを読む