社印はもっとも身近な印鑑

会社設立するときに印鑑を準備しますが、印鑑と言えば法人実印と銀行印はとても重要度が高いので頭に入れている人も多いと思います。
しかし普段会社で使われる社印も準備しておかなければなりません。
社印は法人実印や銀行印と比べて効力が低いため、重要度という点では劣りますが、日常的に使われる印鑑なのでなくてはならないものなのです。

社印を使う場面は主に会社の営業中で、たとえば会社で作成した見積書に印鑑が必要なときには社員が押されますし、領収書や納品書にも使われます。
こういった書類は毎日たくさんの数が発行されるので厳重に管理していてはとても面倒になってしまいます。
社印はそれだけで大きなお金を動かす力もありませんし、ただ会社としてその書類に目を通したことをチェックするものですから、管理もそれほど重要にする必要はありませんし、ほとんどの企業で社員全員がある場所を知っている印鑑です。
とは言えおかしな使い方をしていいというわけではありませんし、簡単な契約書に使われることもありますから、業務が終わったら管理職やリーダーが保管しておくなどの配慮は必要になります。

社印は通称角印と呼ばれることがありますが、これは社印が四角形になっているからで、この形の印鑑を社印に採用しているところはけっこう多いです。
法人実印は丸印、社印は角印というイメージが定着していますし、印鑑を置いているお店へ行ってもこういった区別の仕方をされています。
とは言え必ずこうしなければならないというわけではありませんから、たとえば社印を丸くしたとしても問題はありません。
ただし法人実印と同じ形にしてしまっては区別がつきにくくなってしまいますので、その点だけは注意してください。

基本的に法人実印と銀行印、社印はセットになっていると考えられているせいか、印鑑ショップでも会社設立印鑑セットという名目でこの3種類の印鑑をセット販売しているところは非常に多いです。