会社設立に資格は必要?

会社設立

会社設立するために何か資格は必要になるでしょうか?
会社を自分で作るなら何か資格が必要なのではと思えるかもしれませんが、基本的には必要ありません。
必要な準備をし、所定の手順で手続きを進めれば特別な資格はなくても会社設立できます。

大事なのはその準備と手順ですね。
会社設立のためにやるべき準備とは、まずはお金の用意です。
このときには資本金が必要になります。
資本金とは設立後の会社の自己資金となるもので、経営のために必要な多くの出費に使われます。
これがないことには会社の経営も厳しくなりますから、事業の運営に必要なだけの資本金を用意しないといけません。

このほか会社設立にかかる費用も事前に準備できた方がいいですね。
会社設立の手続き自体にもお金がかかります。
株式会社の方が費用が高くなり、最低でも20万円近く必要です。
資本金にする予定のお金からこれを出してもOKですが、すると設立後の運転資金が少し減る形となりますから、できれば会社設立の費用は別にまた用意できていた方が安心です。

このようなお金の準備のほか、どんな会社を作りたいのか、その希望も準備として考えておくといいです。
実際に会社設立の手続きを始めたときに定款という書類を作る必要があります。
この書類は作りたい会社のイメージや希望などが決まっていないと作るのが難しいものですから、どんな会社を作りたいのかそのイメージをあらかじめ考えておくと設立がスムーズになりますよ。

このような準備が済んだら会社設立の具体的な手順に入るのもおすすめです。
最初にやることは先にもご紹介した定款の作成です。
ここでこれから作る会社の社名や所在地など正式に決めていきます。
事前に準備できたことで十分ならこの書類をスムーズに作れるでしょうし、不足している部分があれば、この定款作りと並行して足りなかった準備を終えるといいでしょう。

定款が作れた後の手続きは会社の種類によって手順が変わります。
株式会社の場合は公証役場での認証手続きを終えたあと、資本金を振り込んで法務局での登記を行います。
合同会社の場合は定款が作れたら資本金を振り込み、法務局での登記です。
いずれの場合でも登記までに法人用印鑑の準備も必要です。

このような準備や手順をきちんとできれば特別な資格はなくても会社設立できます。
ただし、その事業を行うために許可などが必要になる業種を選んだ場合は、会社設立のためにも資格が必要になることがあります。
そのような一部業種を選んだときは必要な資格にも注意してください。